FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
アトランティス探索に取り憑かれてしまった人たち、「アトラントロジスト」たちの情熱に、ただひたすら圧倒されます。私自身のアトランティス大陸についての見解(というほどのものでもないけれど)といえば、「たぶんフィクションなのだろうけれど、実在するならその方が面白そうだから、そう思っておくことにする」という、アトラントロジストが聞いたら怒られそうなものだけれど、その程度の興味しか持ち合わせていなかった人間でさえ、ぐいぐいと惹き付けられてしまうくらい、彼らの人生を賭けたのめり込みっぷりは凄まじいのです。アトランティス大陸の謎の解明よりも、彼らの人生の方が興味深いくらいです。

全てを捧げても惜しくない、と思えるほどの目標や夢がある、というのは、例え結果的には報われなかったとしても、ある意味では幸福な人生なのでしょう。あるいは、魅力的な謎は、むしろ謎のまま追いかけている最中の方が幸せなのかもしれません。

ただ、どうしても、彼らには決して認めたたくはないであろう結末にも、思いを馳せてしまうのです。
アトラントロジストのひとりの父親が、息子について語った言葉が忘れられません。「だけど、もしアトランティスが嘘だったら、どうなるのだろう?」と。
スポンサーサイト
2017.08.27 Sun l 紀行文・探検記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hotaru213.blog2.fc2.com/tb.php/360-b87ce1f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。