FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
正直に言って、内容はなかなかに難しく、読み切るにはずいぶんと苦労しました。しかし、歴史の中に埋もれかけていた一冊の本が再発見され、批判や敵視にさらされながらも命脈を保ち、世界の思想の在り方を、ゆるやかにかつ決定的に変えるだけの影響力を及ぼしていった、というストーリーには、ロマンがあります。

そして、「本」というものが持っていた、今とは比べものにならない価値に思いを馳せました。何百年もの時間の中を、浮きつ沈みつしながらも、現代まで残っている本、という存在には、ただそれだけで敬意を表したくなりました。
スポンサーサイト
2017.06.28 Wed l 文学・本・言葉 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hotaru213.blog2.fc2.com/tb.php/355-be3f1f2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。