上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
とある会社の社員食堂で出された一年間の昼食メニュー(および簡単なレシピと写真)が記録された一冊です。料理の名前とごくごく簡潔な作り方をひたすら記し続けるのみなのだけれど、一年分集まれば立派な本になる……ということに、「毎日食べる」という積み重ねの厚みを感じたように思いました。

メニューは肉と魚を使わないベジタリアンなもので、思いがけない食材の組み合わせや調理法が駆使されていて、料理経験の薄い私などには新鮮な驚きばかりでした。真似ができるか、と言われると、ちょっと難しいように思うのだけれども……。

そしてなにより、誰かの健康や「美味しく食べてもらう」ことを一生懸命に考え続けて作られている、という雰囲気がひしひしと伝わってきて、ほんのりと幸せな気分になりました。素っ気ないくらいのレシピの裏に、こうして毎日毎日、工夫を凝らしてメニューを考えている誰かがいる、ということに、頭が下がる思いです。できることなら、いつでも美味しく体も喜ぶものを食べたい、と思う人間の素直な望みに対する幸福な答えのひとつが、ここにあるような気がします。
スポンサーサイト
2011.12.04 Sun l l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hotaru213.blog2.fc2.com/tb.php/324-e6b05b10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。